魚介類の逆襲

レトロゲーム、おまけシールコレクターのブログです。自作シールはじめました

カードヒーローグッズ紹介⑥

f:id:shevol:20200727171325j:plain

カードヒーローアルカード
第2弾『マジカル“ハイパー”ワールド』未開封

(※このコーナーでは管理人が現在進行形で熱中しているカードヒーローグッズの、大まかな概要及び蒐集難易度等を紹介していきます。
難易度に関しては、あくまで管理人の体感でアテにならないことも度々あるかと思いますので、参考程度にしてください。)

《入手難易度》
★☆☆☆☆ (星1)
2020年7月現在もヤフオクやメルカリ等で玩具屋さんの在庫と思われる未開封品が未だに出品されている。
生産数が多く、当時から在庫過多になっていたのかもしれない……。

《概要》
カドマサルの宿敵であるナイスミドルな悪の幹部《デロデーロ》がパッケージに映えるカードヒーローアルカード第2弾ブーストパックボックス。
1パック5枚入り(60パック入り)。
マジカル“ハイパー”の名の通り、今もなお愛され続ける強力なマジックカードが多数封入されている。

f:id:shevol:20200727172214j:plain

表面には可愛い《ガンガラ》

f:id:shevol:20200727172258j:plain

左側面にはGB版で“何故か”マサルと《ダイン》に肩を並べ、オープニング画面に鎮座する《カッパラー》

f:id:shevol:20200727172429j:plain

右側面にはプロルール以上でも愛用するバトラーが多い《チャーミ》

f:id:shevol:20200727172645j:plain

裏面はマルヒゲヤマークの主張が激しい

この第2弾、何が凄いってマジックカードのみならず同じく封入されているモンスターまで強力なカードが数多く存在するのだ。

f:id:shevol:20200727172953j:plain

今回は、その中から管理人選りすぐりのカード8枚を紹介しよう。

f:id:shevol:20200727173307j:plain
No.037《レイババ》
幽霊モンスター《レイラ》のスーパーカード。
管理人は使ったことがないのだが、相手マスターに使われると厄介なタイプのモンスター。
今回選ばれた理由は、なんと言ってもGB版におけるドット絵の可愛さ。
バトルセンターでも、バトル後のトレードで何故かよく見かける気がする。
とにかくドット絵が可愛い。
アルカード版はそうでもない。
f:id:shevol:20200727173820j:plain
No.040《ヤミー》
かの悪名高いヤミーも初出は第2弾。
アルカード大会では★5レアリティ内で最強と謳われる後衛モンスター《モーガン》に並んで禁止カードに指定されることも多々あるカードヒーロー界のブッ壊れカード筆頭。
特技の『いただきぃ』は消費ストーン1個で相手マスターのストーンを最大2個減らし、自らのマスターに減らした分のストーンを補給するという効果。
ストーンというリソースが逆転の要となるカードヒーローというゲームにおいて、相手マスターと実質最大3個のストーン差がつくことのヤバさは語るまでもない。
バトルセンターで《おばちゃん》に使われて地獄を見たバトラーも少なくないだろう。
何がタチ悪いってレベルアップも可能で、特技のみならず平均的な戦いも出来る優良モンスターなのだ。
続編の高速バトルでも何故か下方修正されなかったヤベーやつ。
GB版のアメで殴る動作は可愛いので必見。
f:id:shevol:20200727175652j:plain
No.048《チュトロ》
速攻デッキを支える代表モンスターの一角。
とりあえず速攻デッキなら、これとポリゴマとシゴトにんを3枚ずつ入れとけと言われる。
フィールドに現れた瞬間に特技の『ちゅうっと』で相手マスターに1ダメージを与え、自分はフィールドから去る事が出来る。
実質、第2弾のシゴトにん。
ストーンも1個返ってくるので、空いたフィールドにはシゴトにんを置いて相手を白目にしてやろう。
f:id:shevol:20200727180329j:plain
No.053《テレポ》
★5後衛モンスター《にゃあお》の下位互換であるものの、にゃあおが手に入るまでは長くお世話になるモンスター。
特技である『ワープ』はストーンを3個消費するもの、自分か相手フィールドのモンスター2体の位置を強制的に変更できるというスグレモノ。
相手の後衛モンスターを引き摺り出して殴るも良し、相手のスーパーカードを後方に下げて1ターン時間を稼ぐも良し。
あ、ドラッティのかいなげはやめてください。
とにかく便利な特技でフィニッシュの要になることが多い。
前衛モンスターがやられた次のターンに、きあいだめが残っていれば前進して相手マスターに頭突きをかませるのもポイント。
同じ弾に手札から使用できる同一効果のマジックカード《ワープ》がある。
マジックカードの方は応用が効くが相手マスターに頭突きをかませない。
f:id:shevol:20200727181651j:plain
No.060《あくまのダンス》
近年、再評価され注目が集まりつつあるマジックカード。
消費ストーン2個でモンスター1体のレベルを下げるという効果。
満を持して登場した相手のスーパーカードを山札に戻して時間を稼ぐのが基本的な使い方だろうが、レベルアップ済みで瀕死の自モンスターの回復にも使えたりと応用が効く。
f:id:shevol:20200727182201j:plain
No.061《だいちのいかり》
ブラックマスター代表技の元カード。
効果はMT:Gの地震っぽいけどヤンバル等の飛んでるモンスターにも当たる。
だいちのいかりをする為にブラックマスターを使うと言っても過言ではない。
ペナルティなど恐れず、だいちのいかり連発。
《バーサクパワー》より、だいちのいかり。
だいちのいかりを崇めよ。
ブラックマスターでデッキに入れると腐る哀しきカード。
f:id:shevol:20200727182527j:plain
No.063《ゆうだち》
第2弾におけるマイフェイバリットカード。
デザインが優秀。
なんか知らんけど、なんか良いっぽい。
お気に入りカード筆頭っぽい。
デッキに入れてないけど好きっぽい。
きあいだめは外せない。
f:id:shevol:20200727183100j:plain
No.065《あっかんべ》
第2弾におけるマイフェイバリットカード第2弾。
ジョーカーズ幹部《トトリデ》がアンティで主人公に奪われるカード筆頭。
相手を足止めして1ターン稼げる優秀な一枚でカードデザインも抜群に良い。
なんと言われても、私はこのカードをデッキに入れ続けるよ。